HappyFroggyなんでも、もしもしダイヤル
summer
5a55b51c428f2d5d5800047c 5a55b51c428f2d5d5800047c 5a55b51c428f2d5d5800047c 5a55b51c428f2d5d5800047c 5a55b51c428f2d5d5800047c

HappyFroggyなんでも、もしもしダイヤル

¥3,000 税込

送料についてはこちら

HappyFroggyの活動に興味を持ってくだった方から、起業したい、どうやったら○○できますか?というご質問やメールをいただくことが増えました。 そこで、ご質問におこたえできればと思い、「HappyFroggyなんでも、もしもしダイヤル」を作りました。 電話通話で1時間3000円となります。 分かることは何でもおこたえいたします。 ご注文をいただければ、こちらからメールでご連絡させていただきますので、お話しができる日時を予約ください。 お電話はこちらからおかけいたします。 よろしければ、ぜひご利用くださいませ。 <経歴> メーカーに就職。 その後、結婚。 夫の赴任先の韓国へ帯同する為、退職。 日本で早産し、小さな息子を生む。 3ヵ月間、NICUに息子が入院。 息子がコットに移り、肌着を持ってきてほしいと 看護師さんから言われるも、デパートにちいさな肌着がなくショックを受ける。 その後、アメリカへ引っ越す。 アメリカで友人が早産。なぜか、GCUへ呼ばれる。 そこで未熟児肌着を着ているちいさな赤ちゃん達との衝撃の出会いを果たす。 「こんな素晴らしい肌着があれば、みんなが喜ぶに違いないと思い」日本に帰ってきてHappyFroggy.comを起業。 その後、ちいさな肌着を自分でも縫うようになる。 看護師さんからリクエストをいただき、点滴用肌着を考案。特許権、意匠権をとる。 HowCute®というブランドの商標権をとる。 宇都宮市のビジネスプランコンテストグランプリ。 医療雑誌にて連載など綴らせていただく。 行政、看護大学などから講師のご依頼をいただき、年に何度かテーマに沿ったお話しもさせていただいています。 現在、HappyFroggy12年目。 息子19歳となりました。